夜勤専従看護師の求人について

看護師の資格を活かして働くといっても、働き方は様々です。そのため、
夜間勤務のみを希望する人もいるといえます。

勤務日数をできるだけ抑えつつ、ある程度の金額を稼ぎたかったり、看護師の仕事を
続けたくても、夜間しか働くことができない人は、夜勤のみで働くことができる求人
を中心に探すことが多いようです。

とはいえ、夜勤の仕事を見つけるためには、どうしたら良いのでしょうか。
ハローワークなどで求人を見つけることもできますが、条件が良い求人はすぐに
応募が殺到しますし、毎日求人をチェックすることは大変だといえます。

そこで活用したいのが、看護師の求人を専門的に扱っている人材紹介会社です。
効率よく夜間勤務の仕事を探すことができるだけではなく、一般に公開されていない
求人情報を入手することが可能なため、就職や転職にも有利だといえるでしょう。

一般に公開されていない求人の事を、非公開案件などと呼んでいますが、
多くの非公開案件は好条件であったり、有名な病院や施設などの求人案件が多数
含まれています。

条件が良い求人案件は、一般公開してしまうと応募が殺到するため、履歴書の
チェックや面接までの段取りなど、事務的な手間が掛ってしまいます。

そのため、ある程度人材を絞った上で選考をすることができるという理由から、
人材紹介会社を通し非公開案件として求人を出している病院や施設などが多い
のです。下記のサイトでは、夜勤専従につよい看護師サイトを紹介しています。
夜勤専従看護師に興味のある方は

ただし、人材紹介会社によって、夜勤専従看護師の募集は多く扱っているものの、
夜勤でのアルバイトの求人や、週に数回のみ働くことができる夜勤の求人は、
あまり多く扱っていない場合があります。

そのため、より多くの求人案件を閲覧したいということであれば、複数の人材
紹介会社に登録することをおすすめします。複数の人材紹介会社を利用すれば、
希望する雇用条件に近い求人案件を見つけやすくなるからです。

また、夜勤専門で働く場合、勤務先によって手当の金額や待遇に違いがあります
ので、いくつかの求人案件を比較してから応募するようにしましょう。

<関連サイト>
北里大学病院

放射線科の仕事内容

病気の治療として放射線を利用したものも増えてきています。 そのため、放射線科で働く看護師というのはとてもやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

ただ、「放射線」と聞くと「怖い」といったイメージを持っている人が多いのも事実です。 もしかしたら「放射線科で働いている」といっただけで悪いイメージを持たれてしまう人もいるかもしれません。

実際に、看護師の中にも放射線科で働くのは危険ではないかと考えている人もいるようです。 しかしながら、治療で使う放射線量は健康被害を引き起こす様な量ではありません。 この点をよく理解し、放射線科での仕事も検討してみてはどうでしょうか。

放射線科で働く場合の看護師の仕事は様々ですが、放射線による治療や検査が基本です。 先にご紹介したように、患者さんの多くも放射線=危険だと考えている人が多いため、看護師がしっかり説明をしなければなりません。

不安を抱えたままで治療を受けてもらうわけにはいかないので、患者さんにとって分かりやすいように説明できる人に向いています。

給料についてですが、放射線科の給料は高いというイメージを持っている方も多いはず。 しかし、これは職場によって違いがあるので、放射線科であれば必ずしも給料が高いとは言えません。

看護師の職場としては、経験が豊富な人ほど給料が高くなる傾向にありますが、放射線科での仕事は他の科目とは違った知識が必要となります。そのため、他の科目で看護師として長く働いていたとしても、必ずしも初めから高い給料がもらえるとは言えないのです。

放射線科で働いた経験がない状態で放射線科への転職を検討しているということであれば、研修制度が充実している病院を選びましょう。

看護師は患者さんに対して治療内容などを詳しく説明しなければなりませんが、そのためには看護師自身が放射線や治療内容について深く理解しておく必要があります。事前に研修が受けられれば、自信を持って放射線科の仕事ができるのではないでしょうか。

歯科の仕事内容

歯科といえば、あまり看護師がいるイメージがないかもしれません。あまり規模が大きくない歯科では看護師の姿を見かけることはないですよね。ですが、大きな治療をしなければならないような場合は、医師一人の力では治療が難しいこともあります。

歯の治療といっても簡単なものから大変なものまで様々です。大きな手術が必要になる場合は患者さんに治療の説明をしたり、医師がスムーズに治療を進められるよう道具を渡すといったサポートを行います。

ただ、職場によっては専門的に歯の治療について学んだ歯科衛生士がこういった仕事を担当することもあるので、職場ごとに担当する仕事は違うと思ったほうがいいでしょう。

職場によっては歯科衛生士と協力しながら仕事を進めていくこともあるので、コミュニケーション能力が高い人のほうが向いています。

給料について紹介すると、これは職場によって大きく違うと言えるでしょう。 これはどの職業でも同じことが言えますが、歯科で働く看護師の場合は職場の規模による影響を大きく受けます。

規模の大きな歯科で働く場合は一般的な看護師以上の収入が期待できますが、逆に規模が小さい歯科の場合は周りの看護師よりも収入が少なくなってしまうかもしれません。

歯科の看護師として働く大きなメリットとして挙げられるのが、ほとんどの職場では夜勤がないということ。夜勤があるとどうしても体調管理が難しくなってしまうので、夜勤に疲れて病院を辞めてしまったという方も歯科での仕事を検討してみてはどうでしょうか。

歯科の看護師として働く上で大切なことは、常に清潔感を維持するということです。これは看護師という職業全般においても同じことが言えますが、歯科の場合は患者さんの口内に触れることもある仕事なので、少しでも不潔な印象を与えてしまうのはよくありません。

爪や髪といった細かいところにも注意しながら仕事をしましょう。これは見た目だけでなく、仕事で使う器具なども清潔を保つことが大切なので、常に清潔感を意識して働ける人が向いている職場です。

ページの先頭へ